グループホーム

社員インタビュー -グループホーム-

スタッフも利用者様も

笑顔や笑い声が多く、

温かみのあるアットホームな職場です。



望月 祥平
入社6年目 グループホーム
仕事内容は何ですか?

私はグループホームの方に勤務しておりまして、認知症の方を少人数で家庭的な雰囲気の中でスタッフの方と共同生活を行う場なので、認知症になったからといって、生活能力はある方が多いので、その能力を十分に発揮していただきながらお互いに助け合って生活ができるようにサポートをする役割です。入社してからずっとグループホームで仕事をしています。
職場の雰囲気はどのような感じですか?

毎日、利用者もスタッフも笑顔だったりとか笑い声が本当に多くて、とても温かみのあるアットホームな感じの雰囲気が入ったばかりの時から感じられる職場です。
この会社の魅力は何ですか?

コミュニケーションのツールがしっかりと確立してあるので、他の部署の方とかもコミュニケーションが取りやすくて、会社全体としてたくさんのコミュニケーションが取れるので、長年介護の仕事を経験されている職員の方もたくさんいるので、そういう方に悩みだったり不安なことの相談もしやすいのでとても助かっています。うちにはコミュニケーションのツールとして専用のシステムが導入してあるんです。プライベートの自分の連絡ツールとは別に会社内で使うツールが準備されているので、仕事とプライベートを混合することなく区別してできているので、そこも魅力です。
仕事のやりがい・楽しい部分は何ですか?

やっぱり直接人と関わっていて、誰かの役に立っていることを肌で実感することができるところです。自分の声掛けで利用者様が笑顔になってくれたりとか、自分の対応に対して直接ありがとうと言ってもらえたりするとやって良かったなあとか次も頑張ろうって思ったりとか、やる気にも繋がってとても嬉しいです。
この仕事で大変なことは何ですか?

人と人との対人援助なので、その方その方で対応の仕方も変わりますし、その方に対しても“その日”“その時”によっても対応の仕方を変えなくてはいけない時があるので、その場で瞬時に判断しないといけないところが大変な部分だと感じています。ただ、前回こうやってダメだったから次はこうやってみようっていうのを考えながらやっています。対応するのが大変ではありますが、考えた上でやったことが上手くいったりすると良かったと凄く嬉しい部分に変わることが多いです。
就職をお考えの方へ伝えたいことはありますか?

自分も就職活動で色々な職場とかを見させていただいた中で、このケアサークル恵愛の温かい雰囲気というのに魅力を感じて入った1人なので、この会社の温かい一員になってくれる方、ぜひ(ケアサークル恵愛へ)来てほしいです。