仕事内容・取組

仕事内容

ホームヘルプ


お客様のご自宅に伺い、そのお客様がご自宅でご自分の生活を続けられるよう、援助する役割を担っています。

お客様お一人おひとりの大切にしてきた暮らし、住宅環境に適したサービスを提供いたします。 介護保険制度のケアマネージャーや障害者支援相談員の立案したケアプラン(介護計画)に基づき、お客様の援助が必要なことに対して手を差し伸べます。 持てる力を侵すことなく、お客様が生き生きとご自宅で暮らしぬくことを支えるのが、ホームヘルパーの役割です。

障害をお持ちでご自宅での生活をされている方は、ご家族の支えがなければ、生活することが困難になります。しかし、ご家族にも休まる場や時間が必要です。ご家族も含めた平和な時間、穏やかな日々を保つことはホームヘルパーの大きな役割です。

グループホーム (認知症対応型共同生活介護)


グループホームとは介護認定を受けている認知症を伴う高齢者の方が、地域社会にとけこみながら、少人数で家庭的な雰囲気の中で、専門スタッフの支援を受けながら共同生活を営む家です。

認知症があっても、まだ残っている生活能力がたくさんあります。その能力を活かせるよう、役割を持ってお互いに助け合いながら、その人らしく暮らし続けるためにお手伝いいたします。

ここで暮らす方々が歩んでこられた人生と豊かな経験を尊重し、その方の人生が、その人らしく、地域の中でこれからも今までと同じように続けていけるよう、温かく見守りながら、ほんの少しお手伝いをしてゆきます。

ケアマネージャー (居宅介護支援)


ケアマネージャーは介護保険法で定められている職種です。

自宅で暮らしている要介護者、要支援者の生活が安定して継続できるよう様々な職種の連携の中心にいます。

住み慣れた家、家族との思い出のある家、通い慣れた道やお店がある街。そんな地域での暮らしが続けられるように、お客様の視点で、ご本人が持てる力を発揮できるよう、皆様の声に耳を傾け、力を尽くします。

今の困り事、今の望み、この先の生活について、ご本人やご家族と考えながらケアプランを作り、明るく元気に生き生きとした生活が送れるよう努めてまいります。

現在(株)ケアサークル恵愛には5名のケアマネージャーが所属しています。

「こんな時にはどうしたらいいの?」に私たちはお応えします。

充実の研修制度

先輩社員に同行

先輩に同行し、実際の現場でどのような作業をしているのか、一緒に経験していきます。そこで見ながらメモを取るなどして、体験しながら仕事を覚えていきます。
資格取得の補助

資格の取得も会社でバックアップしております。先輩社員からの教育など、前向きな人に対して後押ししています。
同行を継続的に行い、色々な仕事の経験をする

資格取得後も継続的に先輩社員との同行を続け、色々な仕事の経験をしていただきます。
1人で仕事をする割合を徐々に増やす

同行に行きながら、1人でできる仕事を徐々に増やしていきます。
利用者様に認められるまで繰り返す

1人で行う仕事を徐々に増やしていき、その仕事内容が利用者様に認められるまで、同行と1人での仕事を繰り返します。踏ん張りどころです。
初めて独り立ち
利用者様に認められたら初めて独り立ちとなります。ただ、ここから1人ですべての仕事をやるわけではなく、スタッフと協力して仕事をしていくことは変わりません。

取り組んでいること

社内で託児所を完備

働きやすさを重視し、子どもがいる方でも安心して働くことができる環境を用意しております。
仕事をしている間も近くに子どもがいれば、どんなに子どもが小さくても安心して預けることができますし、その分仕事に集中していただくことができます。

社員旅行の企画・実施

毎年5月に日帰り、秋ごろに1泊2日の旅行を実施しております。
日帰りの旅行では利用者様も交えて出かけることも多く、たくさんの方とコミュニケーションが取ることができます。

グループ全体で連携・コミュニケーションが取れるように、「グループウェア」と呼ばれる情報の共有ツールを使用。

このツールの導入により、グループ全体、会社全体でコミュニケーションが取れるようになりました。プライベートの連絡用ツールとは別の会社専用のものになるので、仕事と分けることもできます。
今では部署とか関係なく皆さん仲良く連絡を取り合っています。

グループ全体で「気づきのトレーニング」を実施。

「気づきのトレーニング」では日頃のちょっとしたことや、仕事をしていて気づいたことなどを積極的に探していくという日常的に行うトレーニングです。このトレーニングを習慣づけることで、細かなことが気づくようになり、利用者様に対して、共に働くスタッフに対して気の利いた行動ができるようになります。

「good.newトレーニング」を実施。

その日あった良いこと、新しいことを見つけて発言できるようにするトレーニングです。本当に細かなちょっとしたことでいいので、良いことと新しいことを見つけて共有することで、気持ちが前向きになります。その人の人となりや着眼点が見えてくるので、共に働く人を知る上でも欠かせないトレーニングになっています。

特別ルールを有り

特別ルールといっても縛るものではなく、批判や人を傷つけるようなアドバイスはNGということと、その人の感性を大事にするために質問や共感はOKといったルールです。

半年に一度、個人面談を実施

ここでは何でもいいので今考えていることをざっくばらんに話していただいてます。個人的な要望、半年間の反省、残り半年間でやりたい事、将来のビジョンなど。

メンタルヘルス(呼吸法)を実施

脳が小さくならないように呼吸法を行っています。これをすることで今に集中することができ、気分が楽しくなってくる効果があります。
≫呼吸法の詳細はこちら

会社専用の掲示板を設置

ネット上に会社専用で使用する掲示板を設置しています。ここでは悩み事やその時の話題などを話したりしているので、皆さん気軽にご利用いただいております。

有給休暇は1時間単位

弊社では有給を1時間単位で使用することができます。ご家庭の事情やプライベートのことで、その事情に合わせた形で有給休暇をご利用いただけます。
これらの取組はまずは働くスタッフが笑顔で働きやすい環境を目指して実施しています。今後もこの取り組みの以外にも働きやすい環境を目指して様々な取り組みをしていこうと考えております。